お店について

Minette(ミネット)は住宅街にある隠れ家のような小さな雑貨店です。
店主である私がイイなと感じたモノだけを集めたセレクトショップです。

 

 

Minetteはフランス語で子猫と言う意味。
お店を始める時に猫が大好きな私は「猫」にまつわる名前にしようと
文字の響きが猫のようにやわらかでしなやかなところからMinette(ミネット)という名にしました。
2008年9月15日、雨降りのオープン日でした。

 

お店をしようなんて生涯一度も考えたことのなかった私がふいに始めた小さな雑貨店。
きっかけは、まだ会社員だった時に初めて行った一人旅。
その旅先は与論島。
クタクタだった心と体をまっすぐにしてもらいました。
見たこともない青い海とさとうきび畑と猫、そして優しい島の人と旅人たち。
「あなたはあなたでいいんだよ。」と島のひとや旅人がなぜか同じ言葉を私に手渡してくださる日々。
すぅーっと肩の力が抜けて私にも何か出来る事があるのかな?と考えるようになり、
初めて自分を肯定し、初めて自分を好きになりました。
人生の選択肢はひとつではないことを知りました。
外れて生きることを怖がっていたけど・・・違う人生もたくさんあることを知るきっかけの旅となりました。

 

特にお店に限定していたわけではないけれど選択肢の一つがお店でした。
準備期間だけでも沢山の素敵な方に出会い、商品に巡りあい、沢山の人に手助けを頂いて
私は色んな方に守られて生きていたんだなと実感した出来事でもありました。

 

東白島町→袋町→白島中町と転々としつつ現在に至り、
まだ見ぬ自分のその先にお店を始めたことでつながって来た何かを感じながら
私はMinette(ミネット)というお店をつづけています。


■白島通り沿いの最初のお店。2008年〜2011年まで営業。
2008年9月15日に東白島町でオープン。
5坪にも満たない小さなお店で商品を並べていた空間は3坪もなかったと思います。
文房具・雑貨・洋服とパズルのように工夫しながらディスプレイしていました。

■袋町のビルの2階のお店。2012年〜2016年まで営業。
白島のお店より1坪大きくなりましたが相変わらずの小さな雑貨店。
本通りからはすぐでしたがビルの二階の奥で外からは見えない本当の隠れ家ショップでした。

■白島中町の現在のお店。2016年〜現在。
私学正門前の現在のお店。毎日お店の前を通る学生さんの元気な声が聞こえています。
袋町のお店とほぼ同じ大きさながら外光がはいるせいか広くなったと皆さんに言われます。
二階に貸しスペースがあり、ワークショップなども出来るようになりました。

  • Minetteについて
  • NEW ITEM
  • ネコアイテム

商品カテゴリーから探す

モバイルショップ

AUTUMN&WINTER COLLECTION

商品カテゴリーから探す